窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

60歳からの投資(3)

方針(1):株主優待株では、業績が良く、配当金を出している会社に限定。
方針(2) 配当株として、投資信託の利用にシフトしていく。
でした。


方針(3)は、アクティブ投信です。


個別株投資は苦手です。それなりの銘柄を選んでいますが、利確の握力が足りません。
すぐ売ってしまいます。損切も早いので、塩漬けの銘柄はありません。
これからも、勉強を続けますが・・・・


実は、個別株よりアクティブ投信の方がパフォーマンスが上がっています。
今、2300万円超の資産の内、600万円近くが日本株アクティブ投信です。
ひふみプラスがコアーですが、株のように、複数銘柄を買ったり売ったりしています。


「楽しみながら投資」がモットーですから、これからも日本株アクティブ投信に投資していきます。


さて、保有銘柄を金額別に紹介すると、
① ひふみプラス
② SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ
③ 三井住友・配当フォーカスオープン⇒配当株の代用
④ 中小型成長株ファンド-ネクストジャパン- 
⑤ SBI小型成長株ファンド ジェイクール
⑥ MHAM日本成長株オープン


今年に入って、②の上昇が鈍化したこともあり、絶好調の⑤と⑥を保有銘柄に加えました。勢いはしばらく続くと思いますので、しばらくは、この銘柄を買いましていきます。


方針(3) 個別株投資の実力の無さを理解する。日本株アクティブ投信で楽しく投資。ただし、資産の25~30%(600~700万円)に抑える。








60歳からの投資(2)

方針(1):株主優待株では、業績が良く、配当金を出している会社に限定。


です。
その(2)は、配当株(資産株)です。


配当で3%以上あれば、(税金のことは、ちょっと置いておいて)、年間4%以上の利回りも、それほどむつかしくないと思います。


何かがあって、相場が暴落しても、配当があれば、老後も食べていけます。


ということで、銀行株では、あおぞらとみずほ、商社は丸紅と伊藤忠をNISAで保有しています。商社は過去1年間好調でしたが、みずほは、やっと1年前の購入金額を超えたところです。配当があるとは言え、投資効率は、もう1っ歩でした。


さて、配当を狙うならば、投資信託もよいのではないか、と最近、強く思うようになりました。
こお1年半、三井住友・配当フォーカスオープンに投資を続けてきましたが、銘柄の平均配当が約3%ぐらいで、1年に1回、分配金がでます。ほぼ、配当相当です。
基準額は1年間で32%上昇しました。伊藤忠には及びませんが、現在保有中の配当株全体のパフォーマンスの倍です。
銘柄はプロに任せた方がよいかも。個別銘柄は悪材料がでれば、大きな痛手を受けますので、銘柄リスクは小さくなります。


ということで、リスクを下げるという意味で、投資信託ではよいのでは、と思っています。


方針(2) 配当株として、投資信託の利用にシフトしていく。

60歳からの投資(1)

昨年末から50万円超の含み益が増えました。(2270万円⇒2322万円)。


65歳からは、公的年金と日本生命の個人年金で、75歳までは、30万円/月の収入を確保できています。75歳までは配当金が小遣いで、それ以降は、日本生命の個人年金も終わるので、少しづつ老後資金の元本を取りくづしながら、90歳まで生活する、というのが、老後の大体のイメージです。


「60歳からは、債券と中心に・・・」という記事をよく読みますが、僕はもうじき60歳ですので、リスクの高い投資戦略はとれませんが、どうも、債券中心の投資は、まだまだ、早いような気がします。


まず、投資方針(1)を再確認したいと思います。


株主優待株では、業績がまあまあ良く、配当金を出している会社のものに限定、としています。
(1年前に比べて銘柄は減っています)


今、優待目当てで、保有銘柄の配当利回りは、
 オリックス(2.9%)
 ヤマダ電機(2.7%)
 ヒューリック(1.4%)
 MV東海(1.4%)
 オーシャン(1.2%)
 カブドットコム(3.2%)
です。
どれも2年以上保有しています。お米狙いの青木・アスナロ建設は、昨年、利確しました。もう少し銘柄を増やしたいのですが、株価(相場)が安い時に仕込みます。


方針(1):株主優待株では、業績が良く、配当金を出している会社に限定。






やっと、動くときがきました。かな。

日経もNYも節目を超えたあと、利食いに押されるという展開。


米国ETFは、一部売りました。VTIとVOOを持っていますが、VTIは一般口座での保有です。特定口座扱いがなかった時に買ったもので、ちょうど、倍になっていました。税金処理方法はゆっくり調べることにします。しばらくドル(3900ドル)で保有して、円安時に円転換するか、NYが大きく調整時にVOOを買い増すか、どちらかにします。


日本株につては、今日の午前中は、「そろそろ一部利確かな・・・」と思っていましたが、午後の下がりをみて、結局、NISA口座で、配当株、日本株高配当投信を少し仕込みました。明日も下がれば、買い増しです。仕込み結果は、1月末に公表します。


日曜日から腰痛で・・・・

土曜日、少し違和感があったのですが、日曜日から動くのも辛いほどの腰痛になりました。今日は、痛み止めを飲んでの出勤です。
先日のブログ通り、期待されていない窓際ですから、出勤するのもばからしいのですが、仕事の締め切りに対する責任感だけでの出勤でした。


といっても、仕事が終わってからは、すぐに、投資のことにスイッチです。
保有の配当株(銀行、商社)、国内の新興株投信、海外株投信の戻りで、資産最高値を更新しました。