窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

自称窓際から、本当の窓際に昇格したかも?

嬉しいことと、腹立たしいこと、がありました。


嬉しいこと丁度1か月前、資格試験を受験して合格が保留になっていた件で、レポートの再提出対応をしていたのですが、レポートに対してOKがでました。すなわち、合格の内定です。来週末には正式な通知が発送されるとのこと。歳が歳ですので、配慮があったのかもしれません。転職には関係ありませんが、名刺に書くことができるので、少し、嬉しい。自尊心が少しくすぐられます。もちろん、保留になったことは秘密です。窓際になっても、そんな気持ちがあるのですね。いや、窓際だからこそ、かもしれません。


腹立たしいこと:課・部が経営層に出した、上期の成績の総括と、下期に向けての計画を入手しました。社員全員へ公開される資料ですが、先々週からの出張で、掲示板に張られた資料のダウンロード&チェックを忘れていました。窓際らしくなった?。
その中に、「ベテラン社員の活用⇒〇〇【僕の名前】:△△の仕事を担当」・・・・>こう書かれると、この仕事しかしていないような・・・・窓際といっても、もっと仕事をしているし、ベテラン社員らしいこともしている!!。
 問題は、生産性をあげるためには、仕事をしないベテラン社員の活用が課題、との流れの中での記述ですから、ひどいよね。
 自称窓際から、本当の窓際に昇格したのか??
 まあ、この程度のことは、気にしないでおきましょう。NEWSをみていると、机の上にパワハラメモが置いてあることもあるので、それに比べれば、どこにでもある些細なことですね。
 
といっても、ちょうど、部合同の忘年会の案内がメールできていて、幹事(新入社員)には、「先の入院以降、当分の間、宴席への出席を自粛しています」と返信しました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。