窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。楽しみながら、堅実に年4~5%以上の資産増を目指しています。

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

窓際おじさんの12月のメイン仕事が決定

10月、11月は、外回りの仕事が多く、残業はないのですが、疲れ切って、アフターファイブを楽しむ体力はありません。


さて、12月は、内業の仕事がメインになりそうです。
海外の技術資料の翻訳です。ベテラン社員の活用策の一環のようです。
英語は苦手意識はないのですが、得意分野でない分野の資料が計50ページあるので、少し苦労しそうです。


よくドラマで、左遷された社員、定年まじかの社員を「資料室」に押し込めて、「社史の整理」をさせられる場面をよく見ますが、席の移動もなく、期間限定なので、そこまで悲壮感はないのですが、そんな感じの仕事です。


若手も英語で技術資料ぐらいは読めよ!、と思いますが、このあたりが業界で一流にならない理由かと思いますが、英語の勉強と考えて、淡々と指示された仕事をすることにします。将来副業ができるかも。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。