窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

NHKの受信料

窓際おじさんは、今のマンションを買ってからは、受信料を払っていません。
NHKの方が時々きますが、一切、接触していませんので、契約をしていません。
ところが、先月、契約書が一方的に送られてきました。??と思ったら、NHKは裁判で、「NHKが契約を申し込んだ時点で自動的に成立する」と主張していたそうです。だから、申込書が送られてきたのでしょうか?。
判決は「契約は義務」ですが、「契約の受け入れを命じる判決が確定した時点で契約が成立し、テレビ設置時にさかのぼって受信料を支払う必要がある」との判決です。


すなわち、裁判をおこされて裁判所から命令がでれば、このマンションに引っ越してからの受信料を遡って払うことになる、ということの理解です。


NHKは、ほとんど見ていません。BSのNHKなんて、見たこともありません。テレビは、民放の面白いドラマが何本か見るだけなのですが‥


NHKの職員の年収は、私の2倍。公共ならば、公務員(東京都は高いので、地方都市ですよ)並みの給料ならば納得できるのですが・・・、みんな、我慢して払っているね、というのが僕の感想です。
公共性があるならば、税金とか電気代に合わせて徴収してもらえば、抵抗がなのですが・・・・NHKも、公共性の高い企業のCMをするとか、・・・


どうしようかな。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。