窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

60歳からの投資(4)



方針(1):株主優待株では、業績が良く、配当金を出している会社に限定。
方針(2):配当株として、投資信託の利用にシフトしていく。
方針(3):個別株投資の実力の無さを理解する。日本株アクティブ投信で楽しく投資。ただし、資産の25~30%(600~700万円)に抑える。
でした。


方針(4) 海外株、債券は、インデックス投信で運用。徐々に債券比率が50%のミックス型投信の比率を上げていく


ミックス型投信は、
  世界経済インデックスファンド(安い時にスポット買い)
  iFree 8資産バランス(今は、emaxisを、スポット買い)
  eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(安い時にスポット買い)
を保有しています。
海外株投信は、
  たわらノーロード 先進国株式(今は、楽天のバンガード投信で、スポット買い)
  楽天・全米株式インデックス・ファンド(安い時にスポット買い)
  EXE‐i 新興国株式ファンド(今は、emaxisを、スポット買い)
  eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(安い時にスポット買い)
です。
アクティブですが、1年前はいろいろ持っていましたが、今は、
  ベトナム成長株インカムファンド
のみを持っています。やっとベトナム株が上がり、インデックスを上回ってきました。


基本は、BUY & HOLD ですが、
 相場が崩れそうなときは、早い目に一部を利確しています。
 次は、オリンピック後の北朝鮮の動向が心配なので、たぶん、オリンピック前に少し利確すると思います。









 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。