窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

2018年3月の資産

2か月連続でマイナスです。
1月末の最高値から115万円減っています。


3月は、
・相場が下がる局面で、個別株を買いました。
・米国ETFも仕込みました。
・これらの資金は、複合投信(株と債券)である「世界経済インデックス」を処分して、捻出しました。


現金比率も下がりましたが、4月の反騰を期待します。


今月から、資産内訳を細分化しました。
これをみると、投信では、「ひふみプラス」が私の資産のコアであることがわかります。
配当株を増やす、といいながら、案外、配当額、高配当投信の比率が低いのがわかります。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。