窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。楽しみながら、堅実に年4~5%以上の資産増を目指しています。

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

どっちがピント外れ?

ここ最近、不要な長い会議や定時以降の会議などは、止めよう、というのが常識です。


会議などは、1時間でも長すぎるといわれる中、夕方スタートの3時間の会議案内がきました。会議次第を見ると、情報交換、営業戦略、営業報告、技術報告など、メニューが盛りだくさん。関係者だけで討議すべきメニューもあるし、そもそも長い。ともかくも、課員全員を3時間も拘束するような内容ではありません。


後任の課長に、口出しするのは止めようと思っているのですが、窓際おじさんも出席すべき会議なので、「定時に終わらないのか」と言ったところ、「会議室の空き状況もあり、開始時刻を変えれない」とのピント外れの返事がきました。


みんなどう思っているのだろう? 「定時に帰社したいだけだろう」でしょうか。
課長はそう思っているね。理解をしてくれる人もいるのかな、と思いますが、そんなことを窓際おじさんが気にする方がピント外れ??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。