窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。楽しみながら、堅実に年4~5%以上の資産増を目指しています。

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

今年すること(1)

些細なことですが、・・・・・
完全リタイアを前に、収入に応じた生活に慣れること(準備1年目)


先週、顧客に対して、年末の挨拶をしてきました。同行したのが先輩のA顧問。もうじき65歳の先輩です。部長(私の元上司)=>取締役=>監査役=>顧問 という役職で、今年は、週3日の勤務で会社に残ることが内定しているとか。


一般社員は、60歳で退職、再雇用の道はありますが、毎年、年収を減らされ、65歳で完全退職。


窓際おじさんは、課長経験者ですので、再雇用時の年収削減率は一般社員より小さいのですが、毎年、年収が減っていくことには変わりはありません。今年度は会社の業績がバブル時代以最高ということで、ボーナスが良かったので、年収でみると、それほど大きくはありませんでした。


ここからが本題で・・・・・


A顧問と昼ご飯を食べて店を出る時。レシートをわざわざ要求するので、理由を聞くと、使ったお金の記録を取っているとか。週3日の勤務に備えて、去年ぐらいから、記録を毎日とっているとか・・・・・


確かに、・・・・ 無駄遣いはしていなくても、どこに消えたかわからないお金があります。


今日から記録をつけていきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。