窓際おじさんのハイブリッド投資

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。楽しみながら、堅実に年4~5%以上の資産増を目指しています。

役職定年後、窓際に追いやられたおじさんです。近々定年で再雇用(嘱託)の身分になります。年収のことを気にせず、できるだけ早く、やりがい重視のシニア転職を実現させたいと思います。そのためにも、投資信託、米国ETF、配当株、株主優待株で、楽しみながら、堅実に年5%以上の資産増を目指す過程と、会社での窓際生活の諸々、趣味の写真も時々紹介するブログです。

最大の試練?

今週は、ブログを更新する気力もなくなるほどの相場でした。
木曜日に、少し、投信を買いましたが、これ以上の資金投入はやめておきます。


リゾートマンションの購入資金として、350万円の現金を証券口座から出し、現金比率を戻すために、今週の下げ相場のときに、株と投信の売買を最小限にしていたのが、不幸中の幸いでした。リゾートマンションを買わなければ、たぶん、350万円の半分は株・投信の追加購入に充てていたと思うので・・・・・


昨年買った株、投信のほとんどは、含み損になりました。今までも、暴落を経験していますが、2000万円というまとまった金額を投入してからの、これほどの急落は、初めてです。たぶん、昨年の利益(含み益)約300万円の半分以上は、飛んだと思います。


いずれ、11月、上昇に転ずるとしても、日経平均が23000円に戻るまでは時間がかかりそうです。気長に待つのが良いと思います。
配当株・株主優待株の比率が多いので、気持ちに余裕があります。ひふみプラスの下げが大きいですが、まだ、含み益がある状態なのが救いです。


大学の同級生(完全リタイアーした億り人)と9月に会った時の言葉「今は、日本株は怖くて買えない。海外債券で運用している」という言葉を思い出しました。


資産の集計をするのも気が進すまないのですが、月末には早いのですが、今晩、資産内訳をしたいと思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。